【8期生】最近の研修風景

2022.09.16

8月の第8期「海の民学舎生」研修状況

○マダイ放流作業(京都府栽培漁業センター)(8/3)

⇒京都府栽培漁業センターで生産されたマダイ稚魚の放流に参加しました。漁業者の協力のもと、放流区域まで稚魚を輸送し、無事、放流を終えることが出来ました。

○小型船舶操縦士免許講習会及び試験(宮津市内)(8/1~8/25のうち、6日間)

⇒小型船舶免許1級・2級取得に向けて、講習会を受講しました。各種講習では学科、実技の講習の後、それぞれの試験が行われ、受講者は無事、合格しました。

○無線講習会(京都府漁協本所)(8/20、8/21)

⇒船舶免許に引き続き、第2級海上特殊無線技士の資格取得に向けて講習を受講しま
した。2日間通しての講習であり、内容は難しかったようですが、無事に合格する
ことができました。

○水産加工品講習(府立海洋高校)(8/29)

⇒府立海洋高校にご協力いただき、水産加工品講習を実施しました。当日は、講義だけでなく、しっかりと衛生管理された実習室や、大型冷凍庫などの施設の見学もお世話になりました。

○タコかご漁業意見交換と乗船実習(宮津市栗田地区)を実施。(8/30、31)

⇒栗田地区にて、タコかご漁業実習を実施しました。海上での作業では、どのように動いて良いかわからず、指導者にご迷惑をかけてしまったこともあったようですが、漁業の厳しさを体験できた、貴重な研修となりました。

○各種実習(トリガイ養殖、ハッカー作り、ロープワーク、編網等)

○各種講義(漁業カレンダー、船舶テキスト学習、無線テキスト学習等)

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム