【5期生】最近の研修風景

2019.12.12

第5期生の最近の様子 11月25日(月)~11月29日(金)

 今週は、漁協丹後加工部門(旧丹後シーフーズ)にて2回目の水産加工実習を行いました。今回はサゴシを機械で三枚おろしにするために、頭・尾・内蔵を取り除く作業を実施しました。
 また漁協宮津市場において、セリ等販売作業の実習を行いました。今後も各漁協市場において実習を行い、2年目研修先で役立ててもらいたいと思います。
 その他、水産事務所にて、底曳網模型作成、ロープワーク復習を実施しました。

2019.12.12

第5期生の最近の様子 11月17日(日)~11月22日(金)

 11月17日(日)に丹後王国「食のみやこ」で開催されたお魚まつりに参加し、漁協ブースにてニギス、スズキ、グレの唐揚げの販売を行いました。
 購入いただいた来場者の中には、「おいしかったのでまた買いに来た」と、何度も買いに来て下さる方もいらっしゃいました。多くの来場者に好評をいただき、無事完売したことで、学舎生も大きな達成感を感じたようでした。
 水産事務所では、4期生2年目集合研修(第2回)として、舞鶴地区底曳網漁船「西漁丸」の秋田 真吾氏から「個人漁業の留意点と地元への定着」をテーマに講演いただき、5期生も一緒に聴講しました。
 そのほか、底曳網模型作成、ロープワーク復習を実施しました。

2019.12.12

第5期生の最近の様子 11月11日(月)~11月15日(金)

 漁協丹後加工部門(旧丹後シーフーズ)にて、水産加工実習を実施し、ニギスの頭や内蔵を取り除く作業を行いました。
水産事務所では、底曳網の模型(実物の10分の1の大きさ)の作成を開始しました。模型作成を進める中で、網の目合わせや、浮子・重りの結束などを学び、網の構造を理解していきます。
その他、水産事務所にて、トリガイ養殖(コンテナ清掃)を行いました。

2019.12.12

第5期生の最近の様子 11月5日(火)~11月8日(金)

 11月6日、京都府漁協網野市場にてズワイガニの出荷作業を行い、初セリを視察しました。水揚げされたズワイガニの中から海洋センターの調査で標識放流されたカニを見つけることができました。解禁日のセリは大いに賑わっていました。
水産事務所では、ロープワーク復習、トリガイ養殖(コンテナ清掃)、編網復習を行いました。

2019.12.12

第5期生の最近の様子 10月28日(月)~11月1日(金)

 今週は、宮津与謝消防組合より講師をお招きし、普通救命講習を開催し、心肺蘇生法やAEDの使用方法などをご指導いただきました。 また、運輸安全委員会神戸事務所 職員から、漁労中の事故事例をもとにその原因と対策について講義をいただきました。作業中の焦り、機器操作での不注意など、漁業現場では、些細なことが大きな事故につながることを再確認できました。
 その他、水産事務所では、ロープワーク自習、トリガイ養殖(コンテナ交換)、ズワイガニや海藻養殖に関する講義を受講しました。