【3期生】最近の研修風景

2018.10.30

第3期生の最近の様子

 平成30年10月24日(水)午後に、第3期生を対象とした第2回2年目研修会を開催しました。有限会社新井崎水産代表取締役 石倉尚正氏から、「漁業従業員から地元に定着し、漁師をめざす若者に期待すること」をテーマに講義をお世話になりました。講義の中では、「新規就業者に必要な心構え」、「漁村での生活について」、「若手従業員の組合員資格取得の事例紹介」等のお話をしていただきました。

 講義後、事務局から現在の状況について聞き取りをしました。平成30年6月に実施した第1回集合研修以降の状況の変化については、「職場で親しい人が増えた」、「地域の行事に参加し、地域住民の方と親しくなった」、「新たな仕事を任され、覚えるのに苦労している」等の意見がありました。一方で、職場の先輩には、「危険予測が甘い」、「次の作業をもっと考えて行動すること」、「ロープワーク技術の未熟さ」等、まだまだ指摘されることも多いようです。残り半年を切った2年目研修の間にしっかりと課題を克服できるよう、頑張って欲しいと思います。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム