【6期生】最近の研修風景

2020.10.02

第6期生の最近の様子 9月7日(月)~9月11日(金)

 

 京都府立海洋高等学校(宮津市)の協力の下、同校にある水深10メートルの潜水用プールにて、シュノーケルを用いた素潜りの研修を実施しました。同校教諭からダイビングにおける注意点や、フィン等の道具の付け方を指導いただき、潜水の仕方や水中でのロープワークなどを教えていただきました。さらに同校桟橋付近の海岸でも潜水し、より実践的な研修となりました。
 また、京丹後市間人地区の底曳網漁業者に研修をお世話になり、底曳網漁業実習を実施しました。14時間を超える操業は、研修生にとって過酷なものだったようで、船酔いにやられてしまう研修生もいましたが、選別作業など自分たちができることをしっかりと取り組み実習を終えることができました。
 その他、水産事務所にて、網修理実習、自主研究を実施しました。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム