【6期生】最近の研修風景

2020.09.02

第6期生の最近の様子 8月17日(月)~8月22日(土)

養老地区(宮津市)にて地元漁業者の指導の下、水視漁業実習を実施しました。船上で長時間水中を覗く作業は、かなりの重労働で、学舎生も相当疲れた様子でした。
京都府立海洋高等学校では、同校所有の船舶を使用し、小型船舶操縦士免許取得に係る実技講習を受講し、試験も受験しました。
学舎生からは、「初めて聞く用語ばかりで、難しかった。」「波を考えて操縦するのが難しい。」などの声がありました。
また同校教員より、水産加工理論の講義を受講し、食品加工設備の見学も実施しました。
そのほか、水産事務所では、自主研究実施に向けた話し合い、ハッカー作成、いけす網作成を実施しました。 

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム